Firraksnarre Legendarium

フィラクスナーレ 現世編 第1部『世界のあいだ』


Story

 大学に入ったものの、将来への希望が持てず苦悩する主人公・江崎紀(えざき おさむ)。紀は精神状態の悪化から不眠に悩まされるが、ある日よく知らない同級生・中野に不眠を治す方法を教えようと声をかけられる。彼が手渡してきたのは怪しげな「護符」。その護符を枕の下に入れると、寝られるようになる、と。

 紀はいかにも怪しげな中野の言葉を疑いつつもそれを実行してみる。すると、夢の中には現実世界を拡張した「ミラー世界」なるものが開け、そこではある国際的な研究機関が、すでに滅んでしまったパラレルワールドについて極秘裏に研究活動を進めていた。

 紀が研究機関へと導かれた真の理由は、彼が研究に役立つ特別な存在「ホモ・コネクトゥス」だったからだ。紀を研究所に連れてきた村田知枝(むらた ともえ)も、コネクトゥスのひとりだった。ふたりはフィラクスナーレのデータベースへの意識の接続を通じて、コネクトゥスとしての力を発揮していくことになる。紀や知枝が持つ力とは一体なんなのか。彼が生きる希望を失っている真の原因とは。——パラレルワールドを扱いつつ、人としてどう生きていくかを中心的テーマとする人間の物語。


第1部
世界のあいだ
Between the Two Worlds
第2部
希望のかけら
Fragments of Hope
第3部
題未定
[Untitled]