コンテンツへスキップ

フィラクスナーレの文化

音楽

Rinzanhe Tiziarert(ティズィアルへの懇願)

歌詞

ヴァロケリム語

Dert argert orunvir serte
Yaz vostizert va frhak in indarak
Dert argert warnajy khirr serte
Yaz fegdarme vert simmarak

Frhert urmanavira
Ambesirak da miyaza
Vas dakena dakena ira
Vos Atara Tiziara

A Tiziar dajy parniterzan
I ar-gra virjy alvaran
Amlerzan Uturert dajy mador
Yam arge artiz berterakena

Frhert madorakena vanert hartakena
Iban dha urdaklan yaz an dha sivi
Vostizert Varokerim hamterakena
Arge urdak, i enomeran varnaklan

A jyherya dajy lhamasarran
Urdert dajy amgarinder
sanegandir Gedig Amurdaka
Sanarmiraken vos hartadakena

A, da minbir ar-gra ranjy?
(Hama, amminbirak)
A, da inkarr parterejy?
(Hama, aminkarrak)
Yaz kirime vira dert fanarrak
En iseramak, enhenak, rinzanak

A arge, da arsinak daken’jy
Inriz, votiz, anmariz
Vostiz Varokerim hamterakena
Vire enoma birsinaklan

A Tiziar, gidire ardert
Oda arda zermirert
Vostiz Varokerim hamterakena
Ut urdaklan,
Ged enoma affasenaklan

和訳

我らが世を栄えさせるはずが
世は燃えて崩れ落ちていく
我らが平和をもたらすはずが
戦が世を覆い尽くした

破壊の炎のうちに
我らの叫びは無意味である
なされたことはなされた
それがティズィアルの掟

おおティズィアル、赦し給え
新たなる命を与え給え
我らを影に食らわせ給うな
世が生まれ変わる前に

炎に包まれ灰燼に帰し
我らの肉体は滅びても魂は生きながらえよう
円環が全うされるとき
世は死に絶え、新たに始まる

おお神々よ、慈悲を与え給え
我らを死に陥らせたもうな
無限の光が勝利して
失われたものが復活しますよう

おおティズィアル、我らは再び機会を与えられるにふさわしいだろうか
(否、ふさわしくない)
おおティズィアル、我らは救うに値するだろうか
(否、値しない)
だが命の火は我らのうちに燃え続け
しかして我らは希望し、願い、祈るのである

おお世界よ、我らは悔い改めよう
過去、現在、未来における行いを
円環が全うされるとき
新たな命が咲くのである

おおティズィアル、そなたに栄えあれ
そなたの全ての被造物に栄えあれ
円環が全うされるとき
夜は過ぎ去り、
新たな日が来るであろう

Gede-a-Munan(穏やかな日)

歌詞

オーディ・ゲディガ共通語

Mikara-kuna geda pila
Suntamo-a-buren garan
Ina-er, misi, neri-a-pare
Do kisilo-ane da

Giruga min-iz ku-dura-ye
Pare-zi bera-kine
Aruga-a-sigirata-a-uta-er
Wari-kine tera-er?

Kayaon-a-bise ti tereza-li-an-te
Ganaki-kiye miriba
Zaruma ti teyan-da-n-te
Nuye-a-tuye-er iteye i binoa

Ki yangede-zi
Maru-sin-tan ya
Zon gede-zi
Maru-para-kine?

Yan-te suru-kine mi
Kuguru-a-zindeo wante-gi-ya pan maru-maru.

Tu iz ti bada-ki-ran piride-wa
Kaye do-n mese daneza
Pigiri-n-an gavilan-ta
Kaye tutule tutul-a-bade

Teruza-er
Gin gi-saruna
Gur guran
Dan senize-wa

Mi sina, kerenahin
Tosa di talo-a-n-urudir-er

Tulzan ti kaye teruzi da-ye
Isera-te pirise hadima-ye

Zon gede-yer
Giruga natar-ya
Gede-a-munan
Ku-dura-kine

Mi zaram-zaram-ya
Gede-ya-gede-zi do teleya-kine

和訳

目覚めれば日は高く昇って
灰色の雲が流れていく
雨の前の湿った空気のなかで
わたしは茫然と佇む

もうすぐ嵐が来て
雨を降らすだろう
恐ろしい灰色の世界の中で
わたしはどこに隠れようか

言葉にならなかった歌のかけらが
灰のように積もっていく
形にならなかった夢たちが
胸の奥で溶けて沈んでいく

今日という日を
書き終えて
明日という日を
書きはじめられるだろうか

少しでも前へ進もうと
限りある緋色のインクで書き続ける

今まで生きてきた時間に意味があるというなら
私はもっと強くなりたい
鎖から解き放たれて
いのちの歌を歌いたい

幾千の
わたしのことばの中で
ひとつでも
歴史に刻まれればいい

そう思って、凍えながら
果てしない沼地の中を這って進む

伝えたい物語があるから
かすかな希望にかける価値があるから

明日には
嵐が去って
穏やかな日が
訪れるだろう

そう信じ続けて
わたしは一日一日を過ごそう
固定ページ: 1 2